青汁のドキュメンタリー風CMに毎回騙され…



3万7000人突破!
モニターコースでお得に試すなら!
>>今だけ89%オフはコチラから!

青汁のドキュメンタリー風CMに毎回騙される人続出!

深夜や早朝、そしてお昼。
テレビをつけたらなにやら良い話をしている。

 

ふむふむ…と暫く見ていると、実はただの青汁のCMだった…という経験を持った人がけっこういます。

 

青汁のCMに騙された人

同じように、ドキュメンタリー番組だと思ったら最後に青汁との種明かしが来て調子が狂った、と言う人は結構います。








 

感動のドキュメント、壮大な人生の好転劇、絶体絶命の病からの回復…。
これらの内容に安易に感動していたら、感動の5分〜10分後に青汁の成分についての画面が流れ始め…

 

ここで、はたと「また、やられた…」と気づくというパターンも多いです。

 

ある意味、公然やらせ!?

今や、テレビではドキュメンタリー番組だけでなく、ニュースの街角インタビューでさえが「やらせ」であることが、SNSの発達により暴露されつつあります。

 

ある時はラーメン屋のおっちゃんが、ある時は小料理屋の対象が、そしてあるときは…。
コレを繰り返すと、テレビで感動の苦労話が流れていると、それは青汁のCMじゃないかと疑ってしまう人も出てきています。

 

途中から「実は、そんな時に青汁に出会って〜」のような決まり文句が出てきた瞬間、CMだと分かった瞬間、流した涙が、うるませた瞳が虚しく感じられてしまいます。

 

テレビは、現実を切り取って良い部分だけを順序良く並べ立てれば「感動」というものをいとも簡単に創りだすことができます。それが真実である・ないは全く関係ありません。

 

すべての情報を鵜呑みにしていたら、正しい情報というのは利権にコントロールされていた、なんてことも多々あるんですよね。

 

さらに不都合なことには、人間の脳というのは「何度も見たこと」をまるで真実のように錯覚してしまいがち、という構造も持っています。青汁のCMだって、一つ間違えば「またかよ」と思いつつ、ずっと見ていたら、いつのまにか完全に騙されてしまう恐れもあります。

 

そうなる前に、周りの人や、自分で実際に使ってみるというのもアリかもしれません。自分の実体験に勝る教科書はありませんので。

 

まとめ

今日は「めっちゃたっぷりフルーツ青汁」とは少し違いますが、じわじわと話題になっている青汁のCM話を書いてみました。

 

あまりにも過剰に宣伝される商品というのは、その裏で大きなお金が動いていて、その金額分も商品に上乗せされているなんてのはよくある話です。

 

それでも無くならないということは、それだけ皆が健康に感心があり、バランスの良い栄養を摂ることが大切だと多くの人が思っているということも一因ではないでしょうか。

 

めっちゃたっぷりフルーツ青汁を買おうか迷っている人は、その辺りも考えて選んでみるのも良いかもしれません。

 

 

 

3万7000人突破!
モニターコースでお得に試すなら!
>>今だけ89%オフはコチラから!