マルベリー青汁ってどう?気になる口コミなど

マルベリー青汁ってどう?気になる口コミなど

厚生労働省が推奨するのは1日350gの野菜です。
でも、実際は毎日この量のたんまり野菜を摂るのって難しいです。実際、どの年齢もこの野菜量を摂れていないのが実情だったりします。

 

マルベリー青汁の特徴

マルベリー青汁の画期的なところは、炭水化物が食物繊維と糖でできていることに着目したところです。
最近は糖質制限も流行っていますが、糖質を減らすと食物繊維の量も減ってしまうんですよね。炭水化物を減らして、少し便秘がちになったという人もいるかもしれません。

 

ダイエット中の便秘にも

炭水化物を減らすと腸の調子がよくない…、でも、炭水化物をダイエットのために減らしたい…。そんなジレンマに答えようというのが、マルベリー青汁の特徴です。

 

私自身も、炭水化物を減らして便の調子が変わったり、食物繊維が足りてないのかな?と思ったことがありますが、こういうことだったのですね。

 

ダイエット中も食物繊維を

ダイエット中にも、キレイな腸内環境でいるためには食物繊維が十分にあることが望ましいとされています。
でも、炭水化物は控えたいというダイエッターの望みを、低カロリーで食物繊維を補うことで叶えてくれるのが、このマルベリー青汁というところなのです。

 

桑の葉たっぷり!

そして、糖と脂肪にアプローチしてくれるのが、マルベリー青汁の主原料である「桑の葉」です。食物繊維たっぷりなだけでなく、桑の葉は、ビタミンc,ビタミンEなどの栄養価にも優れています。

 

使われている桑の葉は、鹿児島県産100%。
ミチ農園というところで、有機JAS認定を受けた桑の葉が使われています。

 

還元麦芽糖

還元麦芽糖は、「糖」です。
えっ、さっき糖に働きかけるといってなかったけ…と思うかも知れません。
しかし、この還元麦芽糖は、砂糖の50%のカロリーしかなく、大腸で発酵分解されるものなのです。

 

この他にも、食物繊維難の代用としてトクホの商品にも使われてる消化性デキストリン、桑の葉の特有成分DNJという成分など、腸と糖のバランスを整えてくれます。

 

味について

マルベリー青汁は、スッキリ感のある青汁です。
甘みもあるのでおいしく飲めるかと思いますが、やはり味で比べるならめっちゃたっぷりフルーツ青汁の方が美味しいかと思います。
この辺りは個人差もあります。

 

その他、めっちゃたっぷりフルーツとの比較

公式サイトをみると、マルベリー青汁は健康志向の人向けな気がします。
中年男性や抽選女性がマルベリー青汁を飲んでいる写真が出てくるからです。

 

一方のめっちゃたっぷりフルーツ青汁はゲンキングが広告で乗っているように、やっぱり10代20代に人気のある青汁、ダイエット目的で買う人も多いものになっています。