たけしの家庭の医学!日本人ならNG?腸内環境の意外な事実

たけしの家庭の医学!日本人ならNG?腸内環境の意外な事実

最新の研究で、健康のためには腸内細菌が大切ということがかなり明らかになってきているということの現れです。

 

腸内環境に大注目!

たけしのみんなの家庭の医学や他のテレビ番組を見て、腸内フローラを整えるダイエットをしよう!美容のために乳酸菌を簡単に毎日摂取したい!という場合は、めっちゃたっぷりフルーツ青汁もその選択肢のひとつとして良いのかもしれません。

 

1月12日に放送された「たけしのみんなの家庭の医学」では腸内フローラの特集もされていましたが、この他にも腸内環境を特集した番組というのは、けっこう放送されています。

 

2016年もまだ12日しか経っていませんが、1月7日には「予約殺到!スゴ腕の専門外来SP!!」で、1月8日には「世界ふしぎ発見」で腸内環境や乳酸菌についての紹介がされていました。

 

ダイエットだけではなく、健康への関心も高いということの現われですね。
このサイトでも、最新情報をこれからもお届けしていきます。

 

腸内環境を調えるのに大切な乳酸菌

腸内環境といえば、やはり「乳酸菌」というのが大きなキーワードとなります。
乳酸菌には、お腹にある不要な老廃物やいらないものを外へ排出してくれる機能があるからです。

 

無理な食事制限をして、必要な乳酸菌や栄養素まで摂らなくなると、肌荒れや不調、ニキビや肌荒れの原因にもなります。

 

いらないものがお腹にたまっていたら、ぽっこりお腹になってしまいますよね。それを助けてくれるのが乳酸菌、というわけです。

 

しかし、ヨーグルトが最高な訳ではない…

ヨーグルトでも有名ですが、腸内環境を綺麗に保って健康的な排便をしてくれる乳酸菌は、ダイエットにも美容にも欠かせないものです。

 

ヨーグルトが逆効果な人さえいるということ

さらに、12日に放送された「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」では、日本人にはヨーグルトが最適というわけではないということも言われていました。

 

いくつか理由はありますが、一番決定的なのは「日本人には、ヨーグルトにある乳糖の消化が得意ではない」ということ。むしろ、その逆に負担になってしまうことすらあるんだとか。

 

腸内環境のためにヨーグルトを食べているのに、逆効果になってしまったのではたまりません。

 

自分に合うヨーグルトを見つけられたら、それはステキなことです。

 

しかし、今までヨーグルトを食べてもそんなに良い変化が感じられなかった…という人なら、そのヨーグルトが合っていないという可能性も考えられます。

 

乳酸菌を、生きたまま腸まで!

この点、めっちゃたっぷりフルーツ青汁は、この大事な乳酸菌を生きたまま腸内に送り届けてくれます。

 

しかも、クマザサや明日葉、大麦若葉など日本で作られているものだから、ヨーグルトよりもより日本人のカラダにあったものだと言えます。

 

どうせお金をかけるのであれば、日本人のカラダにあった方法で負担なく効率的に続けられたらよいですよね。

 

ゲンキングがめっちゃたっぷりフルーツ青汁を飲んでキレイに痩せたことは有名ですが、その背景にはこんなにしっかりとした理由があったんですね。

 

121種類の酵素で腸内環境を整えよう!

めっちゃたっぷりフルーツ青汁には、トマトや玉ねぎ・人参やオリーブ、ブロッコリーにきゅうりなどの野菜11種類の他に、リンゴやイチゴ、さくらんぼやアプリコット、グレープフルーツなどフルーツも11種類入っています。

 

生植物というのは、それぞれに「酵素」を持っています。
酵素は、美肌のためにも健康のために、非常に重要な役割を果たすことが知られています。

 

青汁の中でも、この121種類というのはかなり大きな数字です。