これまで試してきたダイエット例〜その2

めっちゃたっぷりフルーツ青汁に出会うまでに、筆者が行ってきたダイエット例の紹介です。
その1はこちらのページで書いています。

 

>>めっちゃたっぷりフルーツ青汁までに試してきたダイエット例1

 

朝バナナダイエット

流行りましたよね。
しかも簡単で合理的なダイエットです。

 

朝ごはんをバナナに置き換えるだけなので、安上がり・かつ簡単です。

 

ということで、もちろん試すわけです。

 

結果…

ダイエットというよりは、生活スタイルという感じになりました。

 

朝からしっかり食べるスタイルは私は向いていなかったということにも気づけましたが、ダイエットになったかは「?(クエスチョンマーク)」です。

 

ただ、朝食をあまり食べないというのは個人的に合っていたので、ストレス度はかなり低かったです。

 

で、個人のダイエット遍歴はここから「ダイエット」よりも「健康」を求めるほうが、楽に痩せれるんだという認識に変わっていくのであります。

 

これらのダイエット経験から分かること…

 

以上、二回にわたってこれまでのダイエット遍歴を書いてみました。
>>めっちゃたっぷりフルーツ青汁までに試してきたダイエット例1

 

書ききれていないものもありますが、思いつくものをザッと上げてみました。
そして、これらの色々とストイックなダイエットを乗り越えた筆者が、ダイエットについて言えることは…。

 

結論:無理と我慢は良くない!

やはり「無理をするのは良くない」ということです。
ストレスを溜めて、無理をしたダイエットでは成功したためしがありません。

 

ダイエットをしよう!と思う時点で「頑張ろう!」という気持ちはどこかにあるハズです。
もともと「頑張ろう」という気持ちがあるのに、必要以上に負荷をかけて無理をしてしまうと長続きしません。

 

大体、無理をしたダイエットというのはその半月〜一ヶ月後位にリバウンドや「食べたい」という抑えきれない欲求が出てくることがほとんどでした。

 

せっかく頑張って甘いものを食べるのを我慢したり、夜お腹が空いているのを我慢したのに、一ヶ月後には戻ってしまったのでは余計にショックが大きいです。

 

ダイエットってリバウンドを繰り返せば繰り返すほど痩せにくい体質になっていく、というデータも見たことがあります。これって、無理なダイエットを続ければ続けるほど、理想の体型との距離が長くなっていく、と取れることですよね。

 

そのため、ダイエットに成功した私個人の考えとしては、無理な厳しいダイエットというのはオススメできません。

 

めっちゃたっぷりフルーツ青汁は1食置き換えタイプのダイエットですが、この方法は良いと思います。

 

というのも、青汁一杯と置き換えるのは意外と楽だからです。

 

食欲というのは不思議なもので、一定以上食べると「もっともっと」と更なる量を欲します。しかし意外なことに、一定以下の量であれば意外をスパっと食事をストップすることが出来るんです。

 

断食やほぼベジタリアンな生活も経験しているストイックな私個人の体感としては、腹4分目くらいまでならスパっと辞めれます。「これから食べるぞー」という手前です。

 

このくらいの時期が、一番ストップしやすいです。「全然、あと倍くらい食べれるけど、終わりでもいっか」と思えたらシメたものです。

 

しかし、この段階を逃すと、「食べたいスイッチ」が入ってしまいストップできなくなります。

 

話はそれましたが、めっちゃたっぷりフルーツ青汁の1食置き換えなら「食べたいスイッチ」が入る前にストップできるんですよね。だって、青汁一杯だけなのです。

 

さらに、野菜やフルーツもタップリ取れるので「栄養もしっかり取らなきゃ!」という無言のプレッシャーからも開放されます。

 

青汁の置き換え系は色々な種類があります。
もちろん、どれを選ぶかはその人の自由です。

 

でも、どうせお金を払うなら損したくないし、少しでもトクをしたいです。

 

…と考えると、酵素の多さ、使っている野菜や果物の数。
飲みやすい味。

 

そして何といってもそのコスパの良さ加減から、めっちゃたっぷりフルーツ青汁を選ぶのはなかなか賢い選択かなとは思います。

 

正月太りが気になる、2016年の正月早々太ってしまった…。

 

新しい事を始めるのにちょうど良いこの時期に、めちゃフル青汁のお試しもアリかもしれません。